紫外線と肌

季節が夏に近づき、紫外線の作用や日光がまぶしさを増すようになると、肌が焼けないかが気がかりになります。紫外線は、陽射しのまぶしい日だけ強烈だと思っていませんか。実は冬であっても曇りの日でも、常に少しずつ降り注いでいるので、年中紫外線対策は必要です。夏は海水浴など一日じゅう日光の下で活動をする日もあります。

 

日焼けは、医学的にはやけどと同じことです。肌に対するダメージも決して少なくありません。特に急激に日焼けをすることで、肌に熱を持ち、赤くなって痛みを感じたり、水ぶくれができて皮がむけるような症状が出ることもよくありますよね。まさにやけどをした後と同じ症状です。紫外線は、肌にとってあまりいい影響はないのです。しみやそばかすを気にする人もいますが、肌のしわやしみ、そばかすなどは紫外線による日焼けが関わっているという話もあります。紫外線の作用でシミやそばかすができると、消すことは大変です。シミにならないよう紫外線を防ぐ方が現実的な方法です。

 

UVカット機能のあるグッズや紫外線防止成分を含むクリームや化粧品は、数多く売り出されています。多くの人が、UVカット商品を活用しています。紫外線から影響を受けているのは成人した人だけではありません。未成年や乳幼児も、紫外線から肌を守るための取組が必要になっています。