正しい保湿化粧品のつけ方

スキンケアで大事なことは、肌をしっかり保湿することです。保湿効果の高い化粧品のつけ方とはどんなものでしょう。

 

化粧品による保湿を行う場合は、乾燥肌の人の場合は手でつけてみましょう。コットンでは、肌を傷めずにつけているつもりかもしれませんが、わずかな擦れ合ってすることがあります。皮膚表面に傷がついていると皮膚が乾燥しやすくなり、肌から水分で出て行ってしまいます。手に化粧水や乳液を受け、手で顔を包むようにしながら顔の全面に化粧品をなじませていきます。顔に化粧水がよく入るように、指の腹で拡げていきます。スキンケアが一通り終わったら、指の腹で顔のふちや目の回りを軽く押してマッサージをします。

 

コットンに保湿化粧品をつけ、顔全体につける方法は、手軽に顔につけることができますので比較的よく行われています。コットンが顔を結果的にこすってしまうことが、敏感肌や乾燥肌には悪いこともあります。保湿化粧品を使ったスキンケアは毎日行うものですから、繊細な肌であるほど手のひらでのケアが効果的だといいます。コットンを毎日消費しなくても、手を使った化粧水のつけ方が習慣になれば、十分に保湿ケアをすることが可能です。保湿のために化粧品を使う場合は、肌を刺激せずに行うよう心がけましょう。