紫外線から肌を守る方法

uv300

紫外線から肌を守るには、いわゆる日焼け止めクリームのような化粧品を利用するのが一番簡単で、適切な方法とも言えます。乳幼児を対象とした日焼け止めクリームも売り出されているようです。肌への負担が少ない商品もたくさんあるので、いろいろ試してみるのもおすすめです。

 

紫外線対策商品にはSPFという数字が書かれていますが、これは紫外線をカットする持続時間を表示しています。SPF35と書かれている日焼け止めは、SPF10の日焼け止めより、長い時間肌を紫外線から守ってくれるという意味になります。SPFの数字が大きな日焼け止めは、夏の盛りや日差しが厳しい季節に、長い時間外にいることになる場合などに使ってください。紫外線をカットする数値が高い日焼け止めクリームほど、肌にかかる負担も多くなるので上手に使い分けることが大切です。SPFの高い日焼け止めクリームは、紫外線が弱い日は控えた方がいいでしょう。

 

デリケートなお肌の人や乳幼児は、刺激の強すぎる日焼け止めクリームを使うと肌荒れの原因になってしまうので気をつけましょう。SPFだけでなく、PAという基準が日焼け止めにはあるようです。肌が日焼けの影響で赤くならいように使う日焼け止めにはSPFが記されています。肌が日焼けによって黒くなるという人は、PAを参考に紫外線対策を行って肌をガードしてください。