紫外線と肌への影響

空が雲に覆われていても、冬でも紫外線は地表に到達しており、肌への作用は世界でも問題視されています。例えばオーストラリアなどではオゾン層が破壊され始めている影響を受けています。肌に届く紫外線の影響は、ますます無視できないものになりました。肌にしみやしわが増加したり、皮膚ガンになりやすい状態になったりというトラブルもあります。

 

かつては日本では、小麦色に日焼けをした肌は健康の証という印象がありました。屋外で遊ぶ子どもは、日焼けした肌が当然として扱われていたようです。ですが、最近では紫外線が強くなり肌への効果は有害なものと見なされるようになりました。日焼けは避けた方が好ましいという扱いです。肌を紫外線から守るため、可能な限り紫外線を遮るという人も少なくありません。

 

確かに成長期でもある子供の場合は、カルシウムを生成するために日光に当たることは健康の上でも必要なことです。カルシウムの生成を妨げない程度に、かといって紫外線の作用で肌を痛めてしまわないように、十分に気をつけなければならないでしょう。陽射しが強い季節になる前から、紫外線から肌を守るために紫外線対策用品を活用することが必要になります。お肌のことを考えるのであれば、可能な限り紫外線は避けた方が大人には好ましいようです。